車の運転が苦にならない人は運送業界で長く活躍できる

長時間運転が好きな人は、トラックドライバーの適性があり、勤務先や実務経験によっては恵まれた待遇で働き続けることが可能です。また、悪天候時や初めての道でも車の運転が苦にならない人は、会社の上司や同僚のドライバーから信頼されやすく、運送業界で長く活躍できます。最近では、ドライバーの不足の問題を抱えている運送会社が少なくなく、経験豊富なドライバーはもちろんのこと、他の業界からの転職者や新卒者を受け入れているところも少なくありません。そのため、トラックをはじめとする大型の車両の運転に興味がある人は、就職活動を通じて各社のドライバーの労働条件に目を向けたり、将来性の有無を判断したりするのがおすすめです。

経験を積んだ後に運行管理者や若手の指導を任されることも

トラックドライバーとして長く現場で経験を積んだ人は、国家資格を取得した後に運行管理者として営業所内で責任のあるポジションに就くことも可能です。単にトラックの運転が得意なだけでなく、運送業界の事情に精通している人については、大企業から中小企業まで多くの運送会社の間で重宝される傾向が見られます。また、ベテランのトラックドライバーの中でも事故や違反の経歴が無く、人当たりが良い人は若手のドライバーの指導を任されることもあり、やりがいを感じながら仕事に励むことができます。なお、トラックドライバーのキャリアパスは、勤め先や日々の業務内容によって異なるため、できるだけ早い時期から将来のキャリアについて考えることが大切です。