決められた地域内で業務を担当するドライバーの仕事がおすすめ

トラックドライバーの仕事選びをする際に、勤務時間が不規則でない職場に就職をしたい場合には、決められた地域内で業務を担当できるかどうか調べておくことが肝心です。例えば、県内や市内など狭いエリアを担当するトラックドライバーの仕事は、求人数が多いのはもちろんのこと、定時に仕事が終わりやすく、運送業界に関心がある多くの求職者から注目されています。また、荷物の量が増える時期や交通渋滞が予想される時期については、残業や休日出勤を任されたり、連続で長い時間の勤務を担当したりすることもあります。そうした中、できるだけ年間を通して同じ時間帯に働きたい人は、日勤を中心としたシフトが組まれている運送会社を優先的に探してみましょう。

ドライバーの数にゆとりがある運送会社を見つけよう

トラックドライバーの人員配置はそれぞれの運送会社によって異なりますが、就職後にオーバーワークを回避したい人は、在籍するドライバーの数にゆとりがある会社を見つけることが大事です。特に、大手や地域に根差した中小の運送会社の中には、正社員の他に契約社員や派遣社員、パートなど色々な雇用形態のドライバーを採用して、人員不足の問題の解決に努めているところも珍しくありません。また、ドライバーの離職率の低下を目指すため、従来よりも一日の労働時間を短くしたり、休憩時間を長く設けたりしているところも増えています。そのため、心身ともに生き生きとドライバーの仕事を続ける上で、余裕を持って労働環境の良い運送会社の特徴を確認してみましょう。