長時間労働に耐えられる体力があれば高収入を期待できる

トラックドライバーは、勤務先や担当する業務の内容にもよりますが、拘束時間が長く長距離の運転を任されることが多いため、長く仕事を続けるには人並み以上の体力が求められます。特に、限られた人数のドライバーで仕事を回している運送会社においては、繁忙期を中心に連続で長時間の勤務を担当する機会があり、昼夜逆転の生活になることもあるため注意が必要です。一般的に、全国各地を訪れる長距離ドライバーの仕事は、他のドライバーの職種と比べて高収入を狙いやすいため、運送業界の経験が長い人や安定収入を目指している人の間で人気が集まっています。なお、勤務先によって一日の拘束時間や担当する荷物の量に大きな違いが見られるため、就職活動の際に担当者に分からない点を質問をすることが大切です。

荷物の積み下ろしをする場合は筋力も必要となる

一人で仕事をこなすトラックドライバーは、運転だけでなく荷物の積み下ろしも自分の手で行うため、日ごろから筋力をつけておくことがとても重要です。一般的に、家電製品や家具、工業製品といった大型のものの運搬を請け負う運送会社の中には、荷物の積み下ろしのための装置をトラックに導入しているところが多くありますが、人の手に頼らざるを得ない業務もあるため、慎重に職場選びをすることが大事です。また、筋力に自信がない中高年者や女性については、数ある運送会社の中でも二人組で仕事を行うところや、軽い荷物を多く扱っているところを探すのがおすすめです。その他、トラックの運転以外の仕事内容について詳しく知るために、いくつかの運送会社の採用説明会に参加をするのも有効です。