長時間の運転に慣れている人なら長く仕事を続けることが可能

トラックドライバーは、常に変わる道路の状況に応じて慎重に運転をしなければならず、人によってはストレスを感じることもあります。一方で、長時間の運転に慣れている人や、正しい交通ルールが身についている人であれば長く仕事を続けることが可能です。各地の運送会社の中には、トラックドライバーを対象としたストレスケアやマネジメントに関する研修を行ったり、ストレスの解消法について先輩ドライバーがアドバイスをしたりするところも珍しくありません。そのため、ストレスを溜め込まずに仕事に臨みたい人は、じっくりと自分に向いている職場を探すことが肝心です。なお、トラックドライバーの適性があるかどうか分からない人は、地域にある求人募集中の運送会社に相談をしてみるのもおすすめです。

定期的にしっかり休みが取れる運送会社で働こう

トラックドライバーは、他の職種と比べて運転時間が長いのはもちろんのこと、狭い車内で長い時間を過ごすことから、知らず知らずのうちにストレスを抱える人も少なくありません。そうした問題に対応するには、毎月定期的にしっかりと休みが取れる運送会社を就職先に選ぶことが肝心です。ドライバーの体調管理に気を使っている運送会社の中には、繁忙期を除いて完全週休二日制を導入したり、連続の夜間の勤務を無くしたりしているところも多く見られます。その他、忙しい中で少しでもストレスを解消できるよう、日々の業務の合間にパーキングエリアで体操やリフレッシュをしたり、先輩や同僚のドライバーとSNSや電話でコミュニケーションを取ったりするのも有効です。