社会保険完備の運送会社ならいざという時にも安心

トラックドライバーの仕事は長時間勤務がメインとなり、時には残業を命じられたり、休憩時間が少なくなったりすることもあります。また、夜間や早朝など不規則な時間帯の勤務を担当する場合は交通事故だけでなく、心疾患や脳血管疾患などのリスクも高くなるため、労災をはじめとする保険の手続きをしてくれる会社を就職先に決めることが肝心です。最近では、トラックドライバーが安心して業務に臨める環境を作るため、社会保険完備をアピールしている運送会社も多くあり、中高年の求職者から関心が集まっています。なお、労災保険に加入ができる条件については、雇用形態や勤務時間、出勤日数が関係してくるため、採用面接の際に気になる点を質問することが大切です。

運送業界における労災の発生状況や補償についても調べておこう

トラックドライバーとして良好な環境で働くにあたっては、運送業界における労災の発生状況や補償の内容について調べたうえで採用試験を受けるのがおすすめです。一般的に、年間を通してハードワークになりがちな長距離ドライバーは、短距離や地域内の配送専門のドライバーと比べると労災が発生しやすい傾向が見られるため、慎重に職場探しをすることが大切です。また、労災として認められるケースについては、素人にとって理解しにくいところもあり、必要に応じて採用担当者だけでなく社会保険労務士など専門家にアドバイスをもらうのも良いでしょう。その他、労災に関する不安を解消するうえで、実際に労災保険が適用された人の体験談をチェックしたり、運送業界の優良企業の対応に目を向けたりするのも有効です。